リビタのメゾネット過去事例 ※本物件とは異なります。

MAISONNETTE

「リアージュ砧テラス」は36戸が連なるメゾネットタイプの集合住宅です。

これまで、数々のメゾネット住戸を手がけてきた中で
多く聞かれた「実際、住んでみるとどうでしょうか?」の声。

リビタの過去事例から、
実際にメゾネットにお住まいの方に、お話をうかがいました。

リビタのメゾネット過去事例 ※本物件とは異なります。

自然との距離感が心地いいメゾネット暮らし

リビタメゾネット住戸過去事例 Y様

3層のメゾネットとルーフバルコニーがあり、ランドスケープも美しくデザインされた築浅の集合住宅。

著名な建築家が設計したスタイリッシュな既存空間を活かしながら、ミニマムにリノベーションを施したYさんご家族に、
緑豊かな周辺環境を取り込む、メゾネットの暮らしについてお話を聞きました。

立体的に楽しめる100㎡超の空間。
フロアの独立性が多様な居心地を生む

息子さんの進学に合わせて、通学しやすいエリアで、新居を探していたというYさんご家族。当初は新築マンションを希望していましたが、ある程度の広さも求めていたため、条件に叶う物件にめぐり合えずにいました。そんな時に見つけたのが、3層のメゾネットの集合住宅。9年前に著名な建築家が設計したタウンハウススタイルの建物で、屋上にはルーフバルコニーがあり、共用部やランドスケープなども美しくデザインされています。

ご主人はメゾネットに感じた魅力をこう語ります。「新居にはマンションを想定していて、戸建てに住みたいという希望があったわけではないのですが、この物件を見学し、立体的に100㎡超の広々とした空間が楽しめるメゾネットも面白そうだなと感じました。戸建ては防犯やメンテナンスなどが大変そうなイメージがあります。でも、この物件なら共用部は集合住宅としてしっかり管理されているので、マンションの住みやすさはそのままに、戸建てのような広さや景観、住み心地が得られる。これは貴重だなと思いました」

開放的な玄関(左)と地階の水回り(右)は白が際立つ明るい空間に

間取りは、1階に玄関と子ども室、2階にワンルームのLDK、地階に水まわりと主寝室があります。築浅の既存の空間を活用し、間取りを大きく変更することなく、造作でテーブルやベンチをつくったり、床や壁・天井の仕上げを好みのテイストのものに変更するなどのリノベーションを施しました。

「メゾネットは各フロアが独立している感覚が強く、それぞれに居心地や光の入り方などが異なります。例えば地階はとても落ち着いた雰囲気で、ガラス張りのオールインワンのバスルームと寝室で構成されたホテルライクな空間。階段を上がるごとに光のまわり方が変わり、2階のLDKはとても開放的で明るく感じられます」と奥さま。一方のご主人も「フロアが分かれているから、夜中にゴルフのトーナメントやサッカーのワールドカップの中継などを観戦したい時に、寝ている家族に気兼ねすることなく楽しめる良さもあります」と話します。メゾネットの独立性の高さは、ご家族それぞれの生活シーンに合った多様な居心地の良さをもたらしているようです。

2階には家族が集うLDKが。既存の設備を活かしつつ、仕上げなどを好みにあわせて変更。

窓越しにイチョウの木を切り取る、
家族の居場所としての階段

Yさんご家族にとって、メゾネットの上下階を結ぶ階段は、大切な居場所の一つになっているといいます。「光がふんだんに入り、オープンな雰囲気なので居心地がよく、息子も階段の踏板に座って本を読んだりしています」と奥さま。また、ご主人も仕事から帰宅した際には、1階の玄関近くの階段で携帯電話をチェックし、必要があれば階段の踏板に座り、電話を折り返して済ませてから、2階のLDKに上がるようにしているそうです。「階段は公園のベンチのような、一息つく場所になっているかもしれません。階段によってパブリックとプライベートがなんとなく切り替わるような感覚があります」とご主人。

階段を登る途中には、窓に切り取られた大きなイチョウの木が目に入り、インテリアの一部のように彩りを添えています。

「窓から見えるイチョウの木はこの家のシンボル。季節ごとに異なる姿を見せてくれるし、夜の風景も素敵です。この家に住んでいると、外との距離感が近く、四季の変化を色濃く感じます。春はウグイスが鳴き、秋にはイチョウの落ち葉で地面がいっぱいに。それを踏みしめて歩いたり、毎日掃除をしたりする習慣も新鮮に感じています。以前マンションで暮らしていた時と比べ、窓を開けて風や自然を感じる時間も多くなりました。風や光が家の中を複雑にまわる心地よさも感じています。これも一般的なマンションでは味わえない、メゾネットの恩恵ですね」

そう話す奥さまは、今後屋上のルーフバルコニーを整備し、自然豊かな周辺環境をさらに楽しんでいきたいといいます。目隠しのルーバーを設置し、デッキやチェア、パラソルを置き、読書や昼寝をするくつろぎの空間をつくり、家庭菜園やバーベキューなどにも挑戦する予定です。この集合住宅には、すべての住戸の屋上に広々としたルーフバルコニーがあり、各住人が思い思いに手を加えて楽しんでいる様子。緑に囲まれた環境を、家の中でも外でも満喫できるメゾネットならではの暮らしの豊かさが、ここに息づいています。

暮らしかた様々。メゾネットの暮らし

その他のリビタメゾネット住戸過去事例

メゾネット住戸の「お宅拝見」インタビュー。
リビタの暮らし再発見マガジン「のくらし」に掲載中です。

青い空と吹き抜けメゾネット

元々好きだったメゾネットを見て一目惚れしたというHさんご夫妻。吹き抜けを最大限に活かした空間づくりと、アートを取り入れたインテリアコーディネートなど、随所にセンスの良さが光る家づくりについて、じっくりお聞きしました。

more...

豊かな緑とメゾネット

ともにグラフィックデザイナーとして活躍し、会社も経営しているTさんご夫妻。開放的な空間を求め、広めの中古マンションを探した末に辿り着いたのは、RC造3階建てのメゾネットタイプの物件だった。

more...